マンチェスターシティ ブログ

マンチェスターシティが好き。プレミアリーグを中心に気になったことなどを書いていきます。

マンC 今後どうするか?

 

f:id:kato63147:20200217231837j:plain

 

マンチェスター・Cに衝撃なニュースが入ってきた。

UEFAによるとシティは2012年から16年にかけて

提出したスポンサー費について過大な計上があり

FFP規則に抵触したとのこと。

これを受けて2020-21シーズンから2年間

UEFA主催大会への出場禁止処分と

3000万ユーロ(約36億円)の罰金処分を命じられた。

これによりシティには主力選手の流出や今後の補強

にも影響がかなり出ることだろう。

シティは2014年にもFFPに違反して

4900万ポンドの罰金処分を受けている。

なお、シティはCASに控訴するとのこと。

 

・今夏の移籍の影響

今季はリヴァプールに大きく遅れを取っており

大型補強が噂されていたが今回の処分で難しく

なってきた。

大物を取るにはその分の選手の売却が必要に

なってくる。

 

・選手の売却

選手を売却することで収入を増やしてFFP対策が

できるので今夏は積極的な選手の売却をおすすめしたい。

流石に大量に放出してしまうとチームが一気に崩れ

かねないので今季の成績をみて最低限不必要な

選手を選んでいこう。

1 バンジャマン・メンディ

モナコから高額な移籍金で獲得したが怪我が多く

計算できない 市場価値 3000万ユーロ

 

2 ニコラス・オタメンディ

年齢による衰えなのか1対1の場面で何度もピンチ

を作っている。ミスも多い

市場価値 2000万ユーロ

 

3 リロイ・サネ

今季は怪我による長期離脱で出場0。

バイエルンが獲得を狙っておりチーム

への忠誠心も高くなさそう。

市場価値 1億ユーロ

 

サネは左利きのウイングとしては世界一と

思うので残ってほしいが高額で売却できるので

仕方ないなーという感じ。

カンセロやジンチェンコもいらないと思ったが

移籍1年目と若いので売却はまだ早いかなと。

 

・CLについて

ペップとシティの契約が2021年までなので

今年がペップシティのCL優勝ラストチャンス

となるかもしれない。

リーグ戦では守備が不安定でベスト16の相手が

ジダン率いるレアル・マドリーということで

正直かなり厳しいが案外リーグ戦で苦戦している

チームがCLで躍進することもある(昨年の

スパーズなど)今年こそは!CL制覇を

期待しておきたい。